サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
北朝仏教造像銘研究=Studies of inscriptions on Northern Dynasties Buddhist sculpture
著者 倉本尚德
出版年月日2016.03
ページ730
出版者法藏館
出版サイト http://www.hozokanshop.com/Default.aspx
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録中国仏教黎明期における、地域社会の信仰活動の実態。国内外で注目される著者が、信仰の記録媒体ともいえる造像銘から忘れられた信仰の記録を読み解く。
目次序論
第一部邑義造像銘の概要とその地域的特徴
第一章北朝邑義造像銘の概要と感応思想
第二章義邑の地域的特徴について
第三章北朝時代の関中における道仏二教の義邑について
第二部造像銘と仏教経典
第一章北朝時代の多仏名石刻――懺悔・称名信仰と関連して――
第二章北朝時代における方等懺と称名信仰
――『大方等陀羅尼経』十二夢王石刻図像の新発見とその意義――
第三章北朝期における『菩薩瓔珞本業経』実践の一事例
    ――陽阿故県村造像記について――
第四章『高王観世音経』の成立と観音像
第五章北朝・隋代造像銘に見る西方浄土信仰の変容
――「観無量寿経」との関係を中心に――
第六章 『観世音十大願経』と「觀世音佛」
第七章 北朝・隋代造像銘に見る西方浄土信仰の変容
     ――『観無量寿経』との関係を中心に――
結論

附録 別表A~N

書名・雑誌名略称一覧
参考文献一覧
初出一覧
あとがき
図版典拠
中文要旨
英文目次
ISBN9784831874443
ヒット数318
作成日2020.11.04
更新日期2020.12.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
599090

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ