サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
奈良・平安初期の山林寺院における仏教者たちの諸活動 — 道俗相集をめぐって
著者 小林崇仁
掲載誌 紀要=Journal of Rengeji Institute of Buddhist Studies=蓮花寺佛教研究所紀要
巻号n.12
出版年月日2019
ページ146 - 203
出版者蓮花寺佛教研究所=Rengeji Institute for Buddhist Studies
出版サイト http://renbutsuken.org/wp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード『日本霊異記』; 山林寺院; 禅師; 優婆塞; 檀越; 知識; 大乗菩薩行
目次はじめに 146
一、 山林寺院の「道俗相集」なる状況 148
(1) 崇福寺・梵釈寺における道俗の交流と牛馬の使役 148
(2) 寺院や僧尼の世俗化 149
(3) 道俗の交流をめぐっ — 行基の活動 150
(4) 道俗の交流をめぐって — 僧綱の主張 152
(5) 諸人や檀越による寺への参集 — 治病と雑事 153
二、 山林にて活動する仏教者たち — 『日本霊異記』を中心に 155
(1) 出家者(僧・沙弥) 155
(2) 在家の仏教信者(優婆塞・俗人) 167
(3) 山林修行する女性の仏教者(尼・女人) 175
三、山林修行の諸相 178
(1) 道俗の交流 178
(2) 入山の動機・目的 181
(3) 山林での修行内容 183
おわりに 187
注 190
ISSN18828175 (P)
ヒット数8
作成日2021.01.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
602855

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ