サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
일본의 중국화엄사상 연구의 역사와 현황 澄觀・宗密・李通玄을 중심으로=日本の中国華厳思想研究の歴史と現況 : 澄観・宗密・李通玄を中心として
著者 曺潤鎬
掲載誌 韓国仏教学seminar=Journal of Korean Buddhist seminar=カンコク ブッキョウガク seminar=韓国仏教学セミナ-
巻号n.6
出版年月日1995.11.20
ページ659 - 703
出版者新羅佛教研究會; 山喜房仏書林
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語韓文=Korean
ノート<韓国語版特輯号>日本の印度哲学・仏教学研究 : その歴史と現況
目次1. 들어가는 말 659
2. 일본 근대불교학의 발자취와 중국불교에 대한 관심 665
3. 일본에서의 화염사상 연구사 671
4. 맺는말 695
* 부록 696
DOIdoi/10.15054/00001236
ヒット数55
作成日2021.01.18
更新日期2021.01.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
603853

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ