サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
新出資料『南山北義見聞私記』発見の意義:南宋律院請来の威儀・法式・法会次第の受容と泉湧寺流の展開=The Significance of the Newly Discovered Text "Nanzan Hokugi Kenmon Shiki": Acceptance of Ritual and Dignity Brought from the Vinaya Sect Buddhism of the Southern Song Dynasty and Deployment of the Sen'nyu-ji School in the Kamakura Period
著者 西谷功 (著)=Nishiya, Isao (au.)
掲載誌 仏教学研究=The Studies in Buddhism=ブッキョウガク ケンキュウ
巻号n.70
出版年月日2014.03.10
ページ73 - 108
出版者竜谷大學佛教學會
出版サイト http://www.ryukoku.ac.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート1. 著者所属: 泉湧寺宝物館学芸員
2. 宮治昭教授定年記念
キーワード鎌倉仏教; 南宋仏教; 景福寺; 禅宗; 戒律; 清規; 作法; 儀礼; 律宗
目次はじめに 73
一、識語からわかること 75
著者「覚仙長老」について 77
「飯山寺」について 81
二、本書の構成と内容 84
三、『私記』発見の意義 88
四、『私記』発見による泉涌寺(流)の再考 ─ おわりにかえて 95
ISSN02870312 (P)
ヒット数404
作成日2021.02.24
更新日期2021.02.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
606684

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ