サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Relationship Between the Tangut Art and Textual Heritage: Some Observations
著者 Solonin, Kirill (著)
掲載誌 Hualin International Journal of Buddhist Studies
巻号v.1 n.2 Special Issue: Buddhist Arts
出版年月日2018.10
ページ183 - 201
出版者Cambria Press
出版サイト http://www.cambriapress.com/
出版地New York, US [紐約州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートAuthor Affiliations: Renmin University of China
キーワードTangut art; Kahara-Khoto; astral deities; Avataṃsaka; mahāsiddha; Tangut texts; 西夏文本; 西夏藝術; 佛教; 華嚴; 大成就; 星耀
抄録The paper examines several cases where the Tangut textual materials can be juxtaposed against visual materials and iconography. The problem of the relationship between the two types of sources is discussed, and textual examples are provided to support the author’s point of view. The author argues for the priority of texts before images and intends to show that the ‘systematic nature of Tangut Buddhism’ reveals itself through the uniformity between texts and images.
ISSN25762923 (P); 25762931 (E)
DOIhttps://dx.doi.org/10.15239/hijbs.01.02.07
ヒット数326
作成日2021.03.23
更新日期2021.03.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
609065

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ