サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Faxian and the Meaning of Bianwen 變文: The Value of His Biography to the Study of China
著者 Barrett, T. H.
掲載誌 Hualin International Journal of Buddhist Studies
巻号v.2 n.1 Special Issue: Faxian
出版年月日2019.05
ページ1 - 15
出版者Cambria Press
出版サイト http://www.cambriapress.com/
出版地New York, US [紐約州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートThe author is Emeritus Professor of East Asian History at the School of Oriental and African Studies, University of London.
キーワードFaxian; bianwen; 變文; Victor Mair; Karashima Seishi
抄録In 1989 Victor Mair published a monograph entitled T’ang Transformation Texts that has subsequently come to determine the translation used for the term bianwen 變文 in English as ‘transformation’. In 1991 I published in the Journal of the Royal Asiatic Society a comment on Mair’s monograph proposing that a passage in Faxian’s biography noticed by some earlier scholars but not discussed by Mair suggested that other ways of construing the term were possible, and I have subsequently expanded on these remarks in passing. In 2016 the erudite Seishi Karashima published in the Annual Report of the International Research Institute for Advanced Buddhology, Soka University a review of the early evidence for the meaning of bianwen that likewise draws on Faxian, though his explanation differs from and makes no reference to mine. How does Faxian’s evidence now stand?
ISSN25762923 (P); 25762931 (E)
DOIhttps://dx.doi.org/10.15239/hijbs.02.01.01
ヒット数470
作成日2021.03.23
更新日期2021.03.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
609069

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ