サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Was the Mahāparinirvāṇa-sūtra 大般涅槃經 T7 Translated by ‘Faxian’?: An Exercise in the Computer-Assisted Assessment of Attributions in the Chinese Buddhist Canon
著者 Radich, Michael (著)
掲載誌 Hualin International Journal of Buddhist Studies
巻号v.2 n.1 Special Issue: Faxian
出版年月日2019.05
ページ229 - 279
出版者Cambria Press
出版サイト http://www.cambriapress.com/
出版地New York, US [紐約州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートAuthor Affiliations: University of Heidelberg
キーワードFaxian; Guṇabhadra; Mahāparinirvāṇa-sūtra; Chinese Buddhist canonical ascriptions; computational philology
抄録In the Taishō canon, the Mahāparinirvāṇa-sūtra 大般涅槃經 T no. 7 is attributed to Faxian 法顯. However, on the basis of an examination of reports in the catalogues about various Chinese versions of the ‘mainstream’ Mahāparinirvāṇa-sūtra, Iwamatsu Asao 岩松浅夫 once questioned whether Faxian ever translated any such text. Iwamatsu argued further, on the basis of unspecified features of translation terminology and phraseology, that T no. 7 should instead be reascribed to Guṇabhadra 求那跋陀羅. This paper will examine the problem of the attribution of T no. 7 on the basis of a detailed examination of its language.
目次1. Introduction 230
2.‘FX’-MPNS is closer to ‘Guṇabhadra’ than to ‘Faxian’ 235
3. Complications 255
ISSN25762923 (P); 25762931 (E)
DOIhttps://dx.doi.org/10.15239/hijbs.02.01.08
ヒット数33
作成日2021.03.23
更新日期2021.03.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
609077

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ