サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Mural paintings of the monastic complex and shading highlighting techniques of Hinduka
著者 Li, Chong-feng
掲載誌 Studies in Chinese Religions
巻号v.4 n.2
出版年月日2018
ページ195 - 258
出版者中国社会科学院=Institute of World Religions, Chinese Academy of Social Sciences(CASS); Taylor & Francis Group
出版サイト http://casseng.cssn.cn/
出版地Leeds, UK [里茲, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードcave-temple complex; mural; shading & highlighting techniques of Hinduka
抄録The early Buddhist murals preserved in the cave-temple complexes and even free-standing monastic sites in South Asia and China were predominantly produced between the fifth and seventh centuries ce. Throughout these areas, the most widespread technique for creating murals was a colour-gradation method referred to as Tianzhu yifa (the Shading & Highlighting Techniques of Hinduka). Many artists used variations on this shading technique to bestow their painted forms and figures with three-dimensionality. The artist was able to achieve an effect of the relief by applying different shades of the same colours in a certain order. The shades gradually progressed from light to dark or dark to light, establishing an interplay of light shade and effectively portraying depth in the musculature of figures. The resulting images were solemn scenes of striking, full forms and resplendent colours.
DOIhttps://doi.org/10.1080/23729988.2018.1527131
ヒット数31
作成日2021.03.24
更新日期2021.04.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
609173

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ