サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Fazang’s theory of zhenru真如 (Skt. tathatā) and zhongxing 種姓 (Skt. gotra): with a focus on the influence of the Ratnagotravibhāga
著者 Li, Zi-jie
掲載誌 Studies in Chinese Religions
巻号v.6 n.1
出版年月日2020
ページ31 - 48
出版者中国社会科学院=Institute of World Religions, Chinese Academy of Social Sciences(CASS); Taylor & Francis Group
出版サイト http://casseng.cssn.cn/
出版地Leeds, UK [里茲, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードFazang; Ratnagotravibhāga; zhenru (Skt. tathatā); zhongxing (Skt. gotra); xingqi (arising of nature)
抄録Fazang 法藏 (643–712) greatly valued the Jiujing yisheng baoxing lun 究竟一乘寶性論 [Skt. Ratnagotravibhāga] and the Pusa dichi jing 菩薩地持經, which played a very significant role in Fazang’s theory of tathatā 真如, especially his theory of Huayan xingqi 華嚴性起 (Arising of nature on Huayan). Similarly, Fazang’s theory of zhongxing 種姓 (Skt. gotra) used the Jiujing yisheng baoxing lun and the Pusa dichi jing as its foundation. Fazang is one of the most significant figures when discussing the origin and history of rulai zang yuanqi 如來藏緣 (dependent arising of Buddha essence) and zhenru yuanqi 真如緣起 (dependent arising of thusness) in Chinese Buddhist history. Therefore, Fazang’s quotes and explanations of the Jiujing yisheng baoxing lun are a necessary step towards the resolution of this difficult problem. Fazang supported the standpoint of the classical Chinese translation of the Ratnagotravibhāga to demonstrate that the Avataṃsaka sūtra 華嚴經 is the real resource and foundation of the xingqi 性起 (arising of nature) theory of his thoughts on Huayan 華嚴.
DOIhttps://doi.org/10.1080/23729988.2020.1763676
ヒット数237
作成日2021.04.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
609412

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ