サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
日本杏雨書屋藏富岡文書高楠文書真偽再研究
著者 王蘭平 (著)
掲載誌 敦煌學輯刊=Journal of Dunhuang Studies
巻号v.2016 n.1
出版年月日2016
ページ10 - 33
出版者蘭州大學敦煌學研究所敦煌學輯刊編輯部
出版サイト http://dhxyjs.lzu.edu.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:寧波工程學院
キーワード敦煌; 景教; 富岡文書; 高楠文書; 辨偽
抄録近十多年來,日本杏雨書屋藏"富岡文書"《一神論》(羽460)和"高楠文書"《序聽迷詩所經》(羽459)之真實性受到林悟殊、榮新江先生質疑,認為其或為近人編造之贗品。其中林先生質疑證據之一是《一神論》存在"肉"、"宍","因"、"囙","與"、"與","作"和""等并寫現象,然而上述同字不同形寫法并用的現象亦存在于諸多公認敦煌藏經洞寫本真跡,因此不能將同一件寫本存在以上字體并行現象視為贗品之證據。相反依據以上兩件寫本影印件,從字形角度作了進一步分析,結果表明《序聽迷詩所經》、《一神論》未顯示出作偽痕跡。
目次一、問題的由來 10
二、林文所舉有關字形不能視作贗品之證據 15
三、富岡文書高楠文書非偽之證據——基於寫本字形角度的考察 18
四、結語 33
ISSN10016252 (P); 10016252 (E)
ヒット数208
作成日2021.05.14
更新日期2021.05.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
614507

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ