サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
成都龍泉區北周文王碑再調查=Reinvestigation of King Wen of Northern Zhou’s Stela in the Longquan District in Chengdu
著者 雷玉華 (著)=Lei, Yu-hua (au.)
掲載誌 敦煌學輯刊=Journal of Dunhuang Studies
巻号v.2020 n.2
出版年月日2020
ページ37 - 47
出版者蘭州大學敦煌學研究所敦煌學輯刊編輯部
出版サイト http://dhxyjs.lzu.edu.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:西南民族大學旅游與歷史文化學院
キーワード北周文王碑; 周文王唐碑; 后周宇文泰紀功碑
抄録北周文王碑刻于成都市龍泉驛區山泉鎮大佛村八組大佛寺后的天落石上。近三十年來,學者們對于碑的性質、年代,碑旁34號龕與碑的關系等進行了熱烈的討論,有不同的觀點。筆者經過仔細觀察,從考古學疊壓打破關系入手,結合龕像特征,認為現存第34號龕為文獻上所記錄的北周強獨樂等為北周文王所造像佛道二尊像,但龕內像在北周武帝滅佛時可能就遭到了破壞,經過后代改刻、增補形成了現狀。同意部分學者認為的現存碑刻是根據《周文王廟碑》和《后周宇文泰紀功碑》殘碑拓本經續補之后的重刻。
目次一、北周文王碑概況 37
二、關於北周文王碑的爭論 38
三、相關問題之我見 40
1. 碑及 34 號龕周圍造像的年代問題 40
2. 34 號龕的年代問題 42
3. 碑上四佛小龕、線刻二佛與碑的年代 45
4. 推論 46
ISSN10016252 (P); 10016252 (E)
ヒット数18
作成日2021.06.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
617570

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ