サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
How Was an Āgama/Nikāya Scripture Composed?: The Case of Sāmagāmasutta
著者 佐々木閑 =Sasaki, Shizuka
掲載誌 インド学チベット学研究=Journal of Indian and Tibetan Studies=インドガク チベットガク ケンキュウ
巻号n.24
出版年月日2020.12
ページ1 - 48
出版者インド哲学研究会
出版サイト http://www.jits-ryukoku.net/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノート作者單位:花園大学教授
キーワードadhikaraṇa; Sāmagāmasutta; Vinaya; Samathakkhandhaka; dhammakathika
目次Table of Contents 1
1. Abstract 2
2. The structure of Sāmagāmasutta 3
3. Summary of Sāmagāmasutta 5
4. Noteworthy points in Sāmagāmasutta 8
4.1 First point 8
4.2 Second point 10
4.3 Third point 11
4.4 Fourth point 12
5. The adhikaraṇas and samathas in the Pāli Vinaya 13
6. A comparison between Sāmagāmasutta and Samathakkhandhaka 14
6.1 The six sources of adhikaraṇas 14
6.2 Procedure for resolving vivādādhikaraṇa 15
6. 3 Other Inconsistencies in Sāmagāmasutta 28
6.3.1 Method of carrying out sativinaya(SG-9) 28
6.3.2 Method of carrying out amūḷhavinaya(SG-10) 30
6.3.3 Method of carrying out paṭiññātakaraṇa(SG-11) 32
6.3.4 Method of carrying out tassapāpiyyasikā(SG-12) 34
6.3.5 Method of carrying out tiṇavatthāraka(SG-13) 36
7. The situation in which Sāmagāmasutta was composed 40
8. Descriptions criticizing the dhammakathikas in Vinayas other than the Pāli Vinaya 41
8.1 Dharmaguptaka Vinaya 41
8.2 Mahīśāsaka Vinaya 42
8.3 Mahāsāṃghika Vinaya 42
8.4 Sarvāstivāda Vinaya and Adhikaraṇavastu of Mūlasarvāstivāda Vinaya 43
9. Conclusion 45
ISSN13427377 (P)
ヒット数3
作成日2021.06.25
更新日期2021.06.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
618291

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ