サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《楞伽经》与灵辨的《华严经论》
著者 張文良 (著)
掲載誌 불교학리뷰=Critical review for Buddhist studies =仏教学レビュー
巻号v.6
出版年月日2009.12.31
ページ65 - 83
出版者金剛大學
出版サイト https://www.ggu.ac.kr/
出版地Korea [韓國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為中国人民大学佛教与宗教学理论研究所副教授
キーワード灵辨=영변; 《华严经论》=화엄경론; 《楞伽经》=능가경; 八识=팔식; 藏识=장식
抄録《화엄경론》은 현존하는 제일 오래된 《화엄경》 주석서다. 하지만 이 논리에 관한 사상특징 및 중국불교사상사에서의 위치는 아직 모호한 면이 많다. 본 논문은 《화엄경론》과 《능가경》의 관계에 입각하여 ‘자심소현’, ‘팔식’, ‘장식’등의 개념을 중점으로 삼아서《화엄경론》과 《능가경》이 사상면에서의 연계와 다른 점을 분석하였다. 《화엄경론》은 비록 《능가경》의 일부 개념을 계승하였지만 경전에 내포한 내용에 대해서는 다시 범위를 확정하였다. 예컨대 여래장이 아닌 ‘진여’의 입장으로부터 제법이 존재하는 근거를 파악하였다. 《화엄경론》의 입장은 비록 지론종과 화엄종에서 주류 위치를 잡지 못하지만 지론종 북도파와 법장등에 미친 영향은 여전히 주목할 만하다.
目次一、《楞伽经》与《十地经》 67
二、“自心所现” 69
三、“八识”与“真识” 72
四、《华严经论》中的“藏识” 76
五、《华严经论》的思想影响 81


ISSN19752660 (P)
ヒット数531
作成日2021.08.02
更新日期2021.08.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
620623

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ