サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
以北朝解經重評「南義北禪」
著者 李四龍 (著)=Li, Si-long (au.)
掲載誌 五臺山研究=Mt Wutai Researches
巻号n.4 (總號=n.145)
出版年月日2020
ページ3 - 8
出版者五臺山硏究會
出版地山西, 中國 [Shanxi, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:北京大學哲學系宗教學系
キーワード北朝; 鄴城; 南義北禪; 解經學
抄録「南義北禪」是研究南北朝佛教的基本範式,從北朝佛教解經的視角對此提出修正。佛教解經學不僅研究譯經,最主要是關注講經和佛典註釋,以及對佛教名相的釋義。自北魏孝文帝遷都洛陽以後,北朝僧人譯經、講經之風興盛,在東魏、北齊的鄴城,佛教義學達到新的歷史高度,湧現了一批以「義章」「義疏」或「論」為題的解經文獻。鄴城佛學之盛、理論之深,否定了「南義北禪」的客觀性。該說反映了南北方信眾學佛的特點,是天臺宗在創立過程中對這些偏頗現象的批評。「南義北禪」體現的是南北方僧人的弘法特色,並不代表他們自身的佛學格局。
目次一、南北朝佛教解經學的範圍 3
二、鄴城佛教與北方義學高峰 4
三、作為弘法特色的南義北禪 6
ISSN10006176 (P)
ヒット数7
作成日2021.08.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
621886

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ