サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
道綽浄土教における因果論の教理史的研究=A Historical Study of Pure Land Buddhism of Daochuo's Logic of Cause and Effect
著者 田中無量 (著)=Tanaka, Muryo (au.)
掲載誌 武蔵野大学仏教文化研究所紀要=Journal of Institute of Buddhist Culture, Musashino University=ムサシノ ダイガク ブッキョウ ブンカ ケンキュウジョ キヨウ
巻号n.34
出版年月日2018.02.28
ページ59 - 87
出版者武蔵野大学仏教文化研究所
出版サイト http://www.musashino-u.ac.jp/bukken/
出版地西東京市, 日本 [Nishitokyo-shi, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート著者所属:武蔵野大学仏教文化研究所研究員(専門)真宗学・中国浄土教
キーワード僧肇=Sengzhao; 曇鸞=Tanluan; 道綽=Daochuo; 親鸞=Shinran; 往生浄土=Birth in the Pure Land (Ojo Jodo)
抄録Daochuo discusses the principles of the two truths. On the basis of that, he reveals
the teachings of aspiration for birth in the Pure Land, based on which he clarifies
the cause and effect of the “existence rooted in emptiness.” He argues that the
logic of cause and effect is empty within the Pure Land, which is the realm of
non-phenomena. His view was influenced by Tanluan’s thought regarding the
emptiness of the logic of cause and effect. This view of Daochuo had an influence
on Shinran’s Pure Land teachings. In these teachings, we are able to witness
thoughts that can be regarded as elements of Shinshu Theology.
目次序論 60
一 僧肇における二諦 62
二 曇鸞・道綽における二諦説と仏身仏土論 64
三 曇鸞・道綽の菩提心と十念にみる因果 70
結論 82
註 84
ISSN18820107 (P)
ヒット数3
作成日2021.09.16
更新日期2021.09.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
623414

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ