サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
達賴喇嘛 禪修地圖=Stages of Meditation
著者 第十四世達賴喇嘛 (著)=His Holiness the 14th Dalai Lama (au.) ; 項慧齡 (譯)=Xiang, Hui-ling (tr.) ; 廖本聖 (譯)=Liao, Ben-sheng (tr.)
出版年月日2021.07.17
ページ312
出版者橡樹林
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
シリーズ善知識
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録修行者的挑戰

對於一個修行者而言,最大的挑戰之一在於面對煩惱,以及從煩惱中解脫。這個挑戰之所以艱難,源於一個簡單不過的真理:從無始以來,煩惱是造成我們所有痛苦的根源。當我們受人欺凌、受敵人迫害,我們大聲抗議。但是,無論外在的敵人多麼殘暴,僅僅是對我們帶來一生一世的影響。但在今生之後,他們卻沒有任何可以傷害我們的力量。然而,煩惱卻是我們內在的敵人,肯定能夠在我們未來的生生世世中釀成災難,事實上煩惱才是我們最可怕的敵人。

修行者真正的考驗是:如果心中的煩惱減少了,修行便發揮的功效。無論我們的外表看起來多麼神聖超凡,煩惱的減少與否才是評定一個人是否為真正的修行者的主要標準。修持禪定的目的,即在於減少蒙蔽心性的煩惱,最後完全將煩惱連根拔除。藉由學習、修持廣大深奧的佛法,一個深刻了解無我的意義、長時間禪定於無我的修行者最後終於將了悟真相。
目次【導覽】西藏第一部關於修道次第的著作∕廖本聖
【英文版出版序】匡正人們對佛法的誤解
【導言】進入佛法的門鑰
序 言 進入修道次第
第一章 什麼是心?
第二章 修心
第三章 悲心
第四章 培養平等捨──慈心之根本
第五章 認清痛苦的本質
第六章 智慧
第七章 修習止觀的先決條件
第八章 奢摩他的修習
第九章 成就毘婆舍那
第十章 方便與智慧的結合
【附錄一】參考書目
【附錄二】《修習次第》中篇(藏文本)
ISBN9789860655568 (平裝)
ヒット数14
作成日2021.10.19
更新日期2021.10.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
625313

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ