サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
一遍聖
著者 大橋俊雄 (著)
出版年月日2001.04.10
ページ344
出版者講談社学術文庫
出版サイト https://www.kodansha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録時宗の開祖一遍聖は、鎌倉新仏教の展開の最終段階に登場した最も行動的な思想家である。その思想の特色は「南無阿弥陀仏」の6字の名号そのものに見出した救い、遊行、賦算(ふさん)、踊り念仏に象徴される。鎌倉仏教6宗のなかでひときわ異彩を放つ捨聖一遍の思想と生涯を「一遍聖絵」「遊行上人縁起絵」「法語集」等にさぐり、一遍歿後の時宗教団の行方を追う。
目次序章 一遍聖の行動と思想を知るために
第1章 一遍聖の教えの手だて
第2章 民衆の求めに応じて
第3章 浄土の教えを求めて
第4章 苦難を越えて
第5章 政権の所在地鎌倉と京で
第6章 捨聖に徹した最後の遊行
第7章 教団の成立
第8章 藤沢に道場を建立
結語
ISBN9784061594807
関連書評
  1. 大橋俊雄著 『一遍聖』 / 戸村浩人 (著)
  2. 大橋俊雄著『一遍聖』拾遺 / 戸村浩人 (著)
ヒット数198
作成日2021.10.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
626144

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ