サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
植民地朝鮮と日本仏教
著者 中西直樹 (著)
出版年月日2013.10
ページ312
出版者三人社
出版サイト https://3ninsha.com/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録本書は、日本仏教による朝鮮布教の全体像の解明を試みたものである。日本仏教による朝鮮布教史の全体像を把握するため、次の五期に分けて叙述することとした。

 第一期は、一八七七年に真宗大谷派が奥村圓心らを派遣して朝鮮布教に着手してから、一八八四年の甲申政変に至るまでの時期、続く第二期は、甲申政変から日清戦争に至るまでの時期、第三期は、日清戦争から一九一九年の三・一運動前までの約一五年間である。第四期は、三・一運動から一九三一年の満州事変まで、第五期は、一九三一年九月の満州事変以降、日本敗戦に至るまでの時期である。

 アジア布教は日本の敗戦後に途絶して、戦後も再開の気運が生じてこなかった。その原因には、敗戦による布教拠点の喪失や在留邦人の引き揚げ、アジア諸国との関係や現地の排日感情などもあろうが、それだけで説明がつく問題とも言えない。何よりも、日本仏教各宗派が、仏教思想の普遍性を根本から問いなおし、アジア諸国との対話・交流を重ねる努力を怠ってきた点に求められるべきであろう。今後、こうした日本仏教のあり方を見直して行くためにも、一層の日本仏教のアジア布教事業の実態解明と検証とが必要となるであろうが、本書がいささかでも、これに寄与することを願ってやまない。
ISBN9784906943401
関連書評
  1. 〈書 評〉中西直樹『植民地朝鮮と日本仏教』=Book Review: Nakanishi Naoki. Colonial Korea and Japanese Buddhism / 山本浄邦 (著)
  2. 中西直樹著『植民地朝鮮と日本仏教』=NAKANISHI Naoki, Colonial Korea and Japanese Buddhism / 金泰勲 (著)=Kim, Taehoon (au.)
ヒット数1
作成日2021.10.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
626195

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ