サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
令知会と明治仏教
著者 中西直樹 (著)=なかにしなおき (au.) ; 近藤俊太郎 (著)=Kondo, Shuntaro (au.) ; 中川洋子 (記錄)=Nakagawa, Yoko (rec.)
出版年月日2017.06.10
ページ198
出版者不二出版株式会社
出版サイト http://www.fujishuppan.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
シリーズ龍谷叢書
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録令知会は1884(明治17)年、浄土真宗本願寺派の僧・島地黙雷らが中心となって結成された仏教結社である。島地はキリスト教の進出に強い対抗意識を持ちながらも、同時に当時の仏教界全体が明治維新後の「文明開化」に遅れを取ってきた現状に危機感を持ち、宗派を超え仏教を文明社会に適合させる改革に熱心に取り組んだ。本書はその令知会の機関誌『令知会雑誌』を研究の対象とし、知られざる明治初期・中期の仏教界の様子を探る解題論文集である。
ISBN9784835080321
関連書評
  1. 中西直樹・近藤俊太郎編『令知会と明治仏教』 / 名畑直日児 (著)
ヒット数8
作成日2021.11.04
更新日期2021.11.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
626931

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ