サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Quantitative evidence for a hypothesis regarding the attribution of early Buddhist translations
著者 Hung, Jen-jou (著) ; Bingenheimer, Marcus (著) ; Wiles, Simon (著)
掲載誌 Digital Scholarship in the Humanities=Literary and Linguistic Computing
巻号v.25 n.1
出版年月日2010.04
ページ119 - 134
出版者Oxford University Press
出版サイト https://academic.oup.com/journals
出版地Oxford, UK [牛津, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録This article provides quantitative evidence for a hypothesis concerning fourth-century translations of Indian Buddhist texts from Prakrit and Sanskrit into Chinese. Using a Variable Length n-Gram Feature Extraction Algorithm, principal component analysis and average linkage clustering we are able to show that 24 sutras, attributed by the tradition to different translators, were in fact translated by the same translator or group of translators. Since part of our method is based on assigning weight to n-grams, the analysis is capable of yielding distinctive features, i.e. strings of Chinese characters, that are characteristic of the translator(s). This is the first time that these techniques have successfully been applied to medieval Chinese texts. The results of this study open up a number of new directions for the lexicographic and syntactic study of early Chinese translations of Buddhist texts.
ISSN20557671 (P); 2055768X (E)
DOIhttps://doi.org/10.1093/llc/fqp036
ヒット数314
作成日2021.11.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
627727

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ