サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
『金剛頂経』和訳(五)=An Annotated Japanese Translation of the Sarvatathagatatattvasamgraha with Anandagarbha's Tattvalokakari(5)
著者 髙橋尚夫 (著)=たかはしひさお (au.)
掲載誌 豊山学報=豊山學報=ブザン ガクホウ=Buzan Gakuhō
巻号n.64
出版年月日2021.03.31
ページ154 - 89
出版者真言宗豊山派総合研究院
出版サイト http://www.tais.ac.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート本稿は「第四 ・ 灌頂作法」の内、[一]百八名勧請(H196~H201)と[二]図絵曼荼羅 ・ 金剛界曼荼羅、[三]一切曼荼羅における阿闍梨の事業(H202~H209)の部分を取り上げる。百八名勧請は百八名讃とも言われ、金剛薩埵以下、十六大菩薩を七種の名前をもって讃歎する。都合 112 名になるはずであるが、何故か百八名と詠われている。儀式法要における「東方讃」(金剛薩埵)と「西方讃」(金剛法菩薩)が含まれている。百八名讃については堀内寛仁師の詳細な研究がある。ここでは慶喜蔵と釈友の註釈を付しておいた。釈友の註釈に基づいて一覧表にしてみると以下のようになる。百八名讃の不空訳は訳中に付しておいたので、施護訳
を挿入しておく。
キーワードインド; 仏教学; 釈友; 慶喜蔵; 金剛頂経; 灌頂作法; 百八名勧請; 図絵曼荼羅; 金剛界曼荼羅; 一切曼荼羅
目次はしがき 154
略号 152
梵文テキスト 152
チベット訳 152
漢訳 152
註釈 152
その他参考文献 151
第四・灌頂作法 150
[一]百八名勧請 150
[二]図絵曼荼羅・金剛界曼荼羅 126
[三]一切曼荼羅における阿闍梨の事業 109
ISSN09108912 (P)
研究地域印度
ヒット数237
作成日2021.11.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
628322

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ