サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
法藏的如來藏緣起說及其理論意義
著者 張文良 (著)=Chang, Wen liang (au.)
掲載誌 2019華嚴專宗國際學術研討會論文集下冊
出版年月日2019.10
ページ267 - 280
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/index.aspx
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位: 中國人民大學佛教與宗教學理論研究所 教授
キーワード如來藏緣起; 阿賴耶識緣起; 法藏; 淨影寺慧遠
抄録 法藏的如來藏緣起說是印度佛教中的「如來藏」思想和「緣起」思想在中國佛教背景下相融合的結果。在印度佛教中,「如來藏」主要是修行論概念,指眾生位的如來法身,是眾生修行成佛的根據和內在動因,此說原本與「緣起」說沒有直接關聯。在「如來藏」思想傳到中國之後,經由淨影寺慧遠等人的重新闡釋,「如來藏」概念與「緣起」說聯繫在一起,並通過「依持—緣起」說,借助阿賴耶識概念形成了「真識緣起」、「佛性緣起」等思想。法藏的如來藏緣起說建立在「如來藏」一元論的基礎之上,以「理事無礙」為核心內涵。法藏通過確立如來藏緣起說,明確了「如來藏緣起」與法相唯識宗的「阿賴耶識緣起」之間的區分,直接啟發了華嚴宗四祖澄觀提出的「法相宗—法性宗」說。「性相分離」還是「性相不二」遂成為後來中國佛教界思考「緣起」思想問題時重要的概念範式。
目次一、如來藏概念的原始含義 268
二、《大乘起信論》與《大乘止觀法門》中的「如來藏」 271
三、淨影寺慧遠的依持、緣起說 274
四、法藏的「如來藏緣起」說 276
結語 279
ヒット数375
作成日2021.12.02
更新日期2024.01.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
628837

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ