サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
蔣維喬與《華嚴經疏鈔》
著者 侯坤宏 (著)=Hou, Kun-hung (au.)
掲載誌 2018華嚴專宗國際學術研討會論文集上冊
出版年月日2018
ページ29 - 52
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/index.aspx
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:前國史館修纂處 處長
キーワード蔣維喬; 華嚴經疏鈔; 徐蔚如; 李圓淨; 黃幼希; 應慈法師
抄録 近代從日本或韓國等回流到中國的佛典,經整理、校勘或注疏,成績最著者,為上海《華嚴經疏鈔》編印會編印整理的《華嚴經疏鈔》、金陵刻經處歐陽竟無、呂澂編校的《藏要》、北京三時學會韓清淨的《瑜伽師地論科句披尋記匯編》。據持松法師所撰之〈底本重編華嚴疏鈔序〉,因有徐蔚如、蔣竹莊(即蔣維喬)、李圓淨、黃幼希等居士之「往復函磋」,「躬就商討,興願重治」,並「徵集同願,創立華嚴疏鈔編印會」,加上「檀施畢集,踴躍輸將,遂使曠世之殊勳、稀有之盛業,能功圓於時值憂患、物力維艱之際」。《華嚴經疏鈔》之所以能夠在戰時的上海刊布流通,是近代攸關華嚴學復興的一件大事,本文擬透過《蔣維喬日記》所透露的史料,探討「華嚴經疏鈔編印會」在編輯《華嚴經疏鈔會本》的諸種過程,其間有那些人曾經參與籌畫與運作?遇到了那些困難?他們又是如何突破的?編輯完成後的《華嚴經疏鈔》,在近代佛教史上以及華嚴思想弘傳史上之歷史地位又是如何?以上諸問題,希望能透過本文來解答。
目次一、前言 30
二、編印華嚴疏鈔之緣起 32
三、蔣維喬參與成立「華嚴疏鈔編印會」 36
四、蔣維喬積極推動編印華嚴疏鈔 40
五、結論 49
ヒット数315
作成日2021.12.02
更新日期2024.01.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
628881

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ