サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
黃檗獨湛與華嚴思想 ── 兼論佛教融合主義(syncretism)的根底
著者 陳敏齡 (著)=Chen, Miin-ling (au.)
掲載誌 華嚴專宗國際學術研討會論文集(第6屆)
出版年月日2019.03
ページ303 - 314
出版者華嚴專宗學院
出版サイト https://www.huayencollege.org/index.php
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:輔仁大學宗教學系 教授
キーワード黃檗宗; 獨湛性瑩; 融合主義=syncretism
抄録黃檗宗雖一般名為禪宗,其實深受明末四大高僧之一雲棲祩宏(蓮池大師)所倡「禪淨合一」思想的影響,而在雲棲祩宏念佛思想的背景則為華嚴「一多相即」的理論,本論文主要從黃檗獨湛(1592 年-1673 年)和華嚴有關的圖像切入,並特別以獨湛血繪盧舍那佛圖像為線索,希望藉此探源遡本、闡明中國近代佛教融合主義的内實或根底。
目次前言:近代黃檗宗和華嚴經的關係 304

一、日本黃檗宗第四代獨湛性瑩的生平背景 304

二、黃檗獨湛和華嚴有關的圖像 306
(一)獨湛的盧舍那佛像 306
(二)金剛戒壇上的無量壽如來像 307
(三)其他 308

三、獨湛華嚴圖像的解讀(理解及意義) 308
(一)金剛戒壇上華嚴(盧舍那佛)和淨土(無量壽如來)的關係 308
(二)澄觀的遮那・彌陀不二説 308

四、血畫盧舍那像的意涵 310
(一)血畫血書的傳統 310
(二)甘露灌頂和彌陀心水 311
(三)華嚴性海和主伴同會 311

結論:華嚴思想和中國近代佛教融合主義的省思 312
ヒット数5
作成日2021.12.07
更新日期2021.12.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
629651

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ