サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
社会的宗教と他界的宗教のあいだ:見え隠れする死者
著者 津城寛文 (著)
出版年月日2011.08.08
ページ288
出版者世界思想社
出版サイト https://sekaishisosha.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
シリーズ世界思想ゼミナール
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録宗教学は死後について語りうるか? ― 「公共宗教」と「近代スピリチュアリズム」をキーワードに、〈宗教と社会〉―〈宗教と他界〉という二つの主題群を一つの全体図の中に組み込むことを試みる。
目次序章 宗教研究の射程をゆるやかに確保する
  ─ 一つの糸口としてのケン・ウィルバー

■第Ⅰ部 宗教と他界
第1章 「スピリチュアル」に関する若干の考察
  ─ 「ヒーリング」に焦点を絞って
第2章 死者の位置付け
  ─ 比較宗教学と近代スピリチュアリズムのあいだ
第3章 死者の幻影
  ─ 民間信仰と心霊研究のあいだ
第4章 マイヤーズ問題
  ─ 近代スピリチュアリズムと心霊研究のあいだ

■第Ⅱ部 宗教と社会
第5章 公共宗教の観点から見た死者祭祀
  ─ 靖国問題と葬祭問題に焦点を絞って
第6章 宗教教育の二方向
  ─ 水平的多元主義と垂直的多元主義のあいだ
第7章 政教関係の一到着地点としての宗教弾圧
  ─ 大本事件に焦点を絞って
第8章 現代日本から見る終末論
  ─ 人的シナリオと神的シナリオのあいだ

終章 社会的宗教と他界的宗教をつなぐ
  ─ 一つの糸口としての死後生

注/あとがき/初出一覧/英文目次
ISBN9784790715368
関連書評
  1. 津城寛文著『社会的宗教と他界的宗教のあいだ――見え隠れする死者』=TSUSHIRO Hirofumi, Between Social Religion and Otherworldly Religion / 吉永進一 (著)=Yoshinaga, Shinichi (au.)
ヒット数1
作成日2021.12.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
629740

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ