サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Song, Dance, and Instrumental Music in Buddhist Canon Law
著者 Liu, Cuilan (撰)
出版年月日2014
出版者Harvard University
出版サイト https://www.harvard.edu/
出版地Cambridge, MA, US [劍橋, 麻薩諸塞州, 美國]
資料の種類博碩士論文=Thesis and Dissertation
言語英文=English
学位博士
学校Harvard Divinity School
学部・学科名South Asian Studies
指導教官van der Kuijp, Leonard Willem J
卒業年2014
抄録Maintaining a balanced approach to music is a shared challenge in all religions. Depending on the context in which music is used in religious activities, it is either praised as a powerful medium to please the divine or condemned as a sensual allurement that hinders spiritual advancement. This study discusses the treatment of vocal and instrumental music as well as the allied category of dance in Buddhism. Specifically, it analyzes the regulations of different forms of musical activities in Buddhist canon law and their subsequent interpretation in Tibet and China.
ヒット数401
作成日2021.12.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
630351

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ