サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
“觸類是道而任心”的馬祖禪法思想=Mazu's Chan Thought: "Sensing Matter is the Way Following the Mind"
著者 釋戒毓 (著)
掲載誌 中國佛學
巻号(總號=n.30)
出版年月日2011.12
ページ163 - 172
出版者中華書局
出版地北平, 中國 [Peiping, China]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート漢傳佛教:義學研究
作者單位:中國佛學院法師
キーワード洪州宗; 禪宗; 平常心; 觸類是道
抄録唐宋以後中國佛教主體流派與其說是六祖慧能之法系,倒不如說是馬祖洪州禪系更為準確。馬祖道一,在思想淵源上直接繼承了慧能所倡導“見性成佛”無念思想之主張,倡導“即心即佛”、道無處不在“觸類是道”、道不用修“平常心是道”等思想,是佛教思想“中國化”真正之集成者。並又培養出如百丈懷海、南泉普願等傑出弟子,大膽地實行了宗教改革,使禪宗能適應社會歷史的變動,使其具有很強的適應力、生命力,影響深遠。本文嘗試性的對馬祖道一禪法進行概括,希望能一起分享祖師留下的無價瑰寶,不當之處請諸方家批評指正。
目次一、觸類是道而任心 165
二、即心是佛之直指 166
三、非心非佛的辯證 168
四、般若思想的活用——平常心 170
五、結語 171
ヒット数1
作成日2021.12.14
更新日期2022.01.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
630664

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ