サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
無量寿経論註の研究
著者 藤堂恭俊 (著)
出版年月日1958.06
出版者仏教文化研究所
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
シリーズ佛教文化研究所研究報告
シリーズナンバー4
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録曇鸞の浄土教思想ならびにその思想背景について解明し、併せて関連する『往生論』『十住毘婆沙論』の検討も加えている。インドで誕生した仏教が中国の風土へと移入して中国独自の発展を遂げていくなかで、曇鸞がそれらをいかに摂取して自らの浄土教思想を構築したかについて論じたもので、その手法は以後の曇鸞研究にも大きな影響を与えている。
関連書評
  1. 藤堂恭俊著『無量寿経論註の研究』 / 横超慧日 (著)=Ocho, Enichi (au.); 佛教史学会 (編)
ヒット数530
作成日2021.12.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
630772

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ