サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
『釈摩訶衍論』における般若思想理解 ―「三智」と「如実智」の使用例を中心に―
著者 関悠倫 (著)
掲載誌 仏教文化学会紀要=Journal of Research Society of Buddhism and Cultural Heritage=ブッキョウ ブンカ ガッカイ キヨウ
巻号n.27
出版年月日2018
ページ189 - 214
出版者仏教文化学会
出版サイト https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bukkyobunka/-char/ja/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
目次第一節 問題の所在 189
第二節 般若思想の概要 190
二ー一 「三智」の概要.梵本と漢訳との相異点 190
二ー二 「一切智」と「般若波羅蜜」と「法身」 193
第三節 『釈摩訶衍論』が影響を受けた思想ー従来の見解ー 195
第四節 『釈摩訶衍論』の般若思想理解ー「三智」.「一切種智」.「如実般若」ー 196
四ー一 「三智」について 196
四ー二 「一切種智」について 198
四ー三 「如実般若」について 201
第五節 毘盧遮那仏と「不二摩訶衍法」の対比構造ー智の観点からー 203
第六節 「不二摩訶衍法」を「諸法」と捉える根拠ー試論ー 207
まとめ 209
ISSN09196943 (P)
DOIhttps://doi.org/10.5845/bukkyobunka.2018.27_189
ヒット数108
作成日2022.01.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
631893

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ