サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
《初轉法輪經》&《佛法真義》: 法(Dhamma) 的異時空探析
著者 釋覺明 (著)
掲載誌 星雲大師佛法真義 當代佛法實踐與再詮釋-線上會議
出版年月日2020.09
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
抄録四聖諦是歷經時空,物換星移,也不變不改的真理、法則。三藏十二部,南傳、北傳、藏傳等不同傳統,或是原始佛教、部派佛教、大乘佛教,乃至當代人間佛教,倡導的佛法內涵,幾經般若系統或法華、華嚴或唯識、中觀等各種義理辯證,都是不出四聖諦、八正道、十二緣起等基本核心。佛陀提倡「中道」,就是八正道: 「正見」、「正志」、「正思維」、「正語」、「正業」、「正命」、「正精進」、
「正念」、「正定」。本主題要討論法的異時空探微,就是一個重要的觀點: 「正見」。星雲大師《佛法真義》,就是要還原佛說《初轉法輪經》的根本初衷,要如何來破邪顯正的重要出發點,目的呼籲學習的不二,正是建立「正見」。「正見」,才是唯一見道。正見,就是佛教修行的次第。以「正見」啟航,建立正確思維。之後,才能修好身口意三業之清淨。不偏不倚,維繫法身慧命,方能有正精進,建立善惡觀。始能「正念」,乃至「正定」。「八正道」之間是環環相扣的修行鎖鏈。反之,缺乏「正見」,就是如同盲者,將盲修瞎練,不可能獲得究竟的目標。佛教歷經兩千六百年的歷史脈絡,發展出南傳、北傳、藏傳等不同的傳統,或說原始佛教、部派佛教、大乘佛教,乃至當代的「人間佛教」等不同分期的判定。然,歷經佛世到不同時空背景後,各種的義理的辯證及古德詮釋,全不出於「四聖諦」、「八正道」、「十二緣起」等佛法的基本核心,建構出佛教之龐大的知識與修行系統。
目次一、《佛法真義》見其「革新」本懷 3
二、印度中國跨時空的背景 7
三、釋尊初轉法輪 9
四、「法」的異時空探微: 以「苦」、「無我」為例 10
五、結論 17
ヒット数4
作成日2022.01.12
更新日期2022.01.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
632138

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ