サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教哲學視野中的體用觀念=The Concept of Substance and Function according to Buddhist Philiosophy
著者 孫國柱 (著)=Sun, Guo-zhu (au.)
掲載誌 中國佛學
巻号(總號=n.33)
出版年月日2013.06
ページ199 - 208
出版者社會科學文獻出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート作者單位:2012年北京大學哲學系博士生。
キーワード佛教; 現代哲學; 體用觀念
抄録本文在學術史的框架和現代哲學的視野下,對佛教與具身思想的關係進行了宏觀而集中的考察。 從這種思想脈絡的勾勒中,我們可以發現體用觀念的哲學品格貫穿華梵,溝通中西,在哲學史上具有普世價值,具有“元哲學”之稱”或者“後設哲學”(meta-philosophy)的意味。 通過對體用觀念全方位的考察,不僅可以發現佛教在中國化在義理表達和理論表達中國化的發展線索,還可以看到體用哲學未來的生長點,以及在中西會通中能夠發揮的殊勝的作用融合中可以發揮非凡的作用。希望這篇文章的寫作,能夠收到拋磚引玉之效。
目次一、體用觀念在中國哲學史中的流變 201
二、體用觀念在中國佛教哲學史中的脈絡 203
三、體用觀念在現代佛教學術思潮中的脈絡 206
ISBN9787509748084
ヒット数1
作成日2022.02.08
更新日期2022.02.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
633614

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ