サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
インド古典演劇論における美的経験:Abhinavaguptaのrasa論
著者 上村勝彦 (著)
出版年月日1990.01
ページ518
出版者東京大学出版会
出版サイト http://www.utp.or.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノートbibliography: p477~480
抄録聖者バラタに帰せられる演劇論「ナーティヤ・シャーストラ」,及びそれに対する,中世最大の思想家の一人であるアビナヴァグプタの注釈書を中心に,インドの古典演劇,文学,音楽などにおける重要な美的概念であるrasa(美的陶酔)について考察する
ISBN9784130800891; 4130800892
関連書評
  1. 上村勝彦著『インド古典演劇論における美的経験』- Abhinavaguptaのrasa論 / 今西順吉 (著)=Imanishi, Junkichi (au.)
ヒット数1
作成日2022.04.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
637241

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ