サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
インド学仏教学を未来につなぐために ――研究資料ネットワークの再形成に向けて――=Indian and Buddhist Studies into the Future: Toward a Reconstruction of a Network of Research Resources
著者 永崎研宣 (著)=ながさききよのり (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.65 n.2 (總號=n.141)
出版年月日2017.03.20
ページ1022 - 1015
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート平成 28 年度 JSPS 科学研究費補助金 JP15H05725,JP16H03422,JP26284068,JP16K02492,JP24242013 による研究成果の一部
一般財団法人人文情報学研究所主席研究員,博士(文化交渉学)
キーワードデジタル研究環境; 大正新脩大蔵経; 嘉興蔵; IIIF; IVS; Unicode
抄録To make research methods efficient, various products have been developed since the era of paper media, such as facsimile editions, microfilms, catalogues, concordances, and articles, and these have formed a network of research resources. Recently, they have gradually been replaced with digital resources. However, digital resources not only include several issues by their nature, but also reveal intrinsic problems in research resources which had been implicitly ignored in paper media. To hand down Indian and Buddhist studies into the future, we should address them seriously.
目次はじめに 1022
紙媒体時代の研究資料ネットワークとの対比 1022
高精細デジタル画像の意義 1020
デジタル研究環境の全体状況 1019
デジタル研究環境における紙媒体資料の意義 1018
デジタル研究環境の問題点――持続可能性―― 1017
デジタル研究環境の問題点――発見の困難さ―― 1017
デジタル研究環境の問題点――文字の扱いの変化―― 1016
終わりに 1015
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOI10.4259/ibk.65.2_1022
ヒット数631
作成日2022.05.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
640258

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ