サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Jaina Studies in Japan since the 1990s=日本における1990年代以降のジャイナ教研究
著者 赤松明彦 (著)=あかまつあきひこ (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.65 n.3 (總號=n.142)
出版年月日2017.03.25
ページ1115 - 1121
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートProfessor, Kyoto University, PhD
キーワードJaina Studies
抄録1965年春にパリのコレージュ・ド・フランスで行われたルートヴィヒ・アルスドルフの講義は,西欧のみならず日本のジャイナ教研究にとっても,転換点を画するものであった.それは,ジャイナ教研究を,仏教研究のための補助的学問の地位から,インド学において独自の広がりと価値をもった研究分野へと押し上げるものであった.この講義録は,「ジャイナ教研究――その現状と未来の課題」として直後に出版されたが,これに示唆を得てジャイナ教研究を進めることになった日本の研究者もいたのである.この講義録には,ジャイナ教研究に関わるおおよそ10項目の課題(主として,聖典類の文献学的研究,語義研究に関連する)が示されている.本稿では,ジャイナ教研究の分野で,1990年代以降に日本で公表された研究業績の中から,その10項目の課題のうちの6項目に対応するもので,特に日本語で書かれた優れた成果を紹介した.本稿が意図するところは,内容的には極めて価値のあるものでありながら,国際的に必ずしも十分には知られていない現代日本のジャイナ教研究の成果について,その一部にせよ広く世界の学界に知らせようとするものである.
目次1. Ludwig Alsdorf ’s Paris Lectures in 1965 1115
2. The Tasks Achieved in Japan since the 1990s 1116
2.1. Systematic Linguistic Study of the Śvetāmbara Canonical Texts 1116
2.2. Terminology 1116
2.3. Wrong Sanskritizations 1116
2.4. Relationship of Jainism with the Doctrine of the Ājīvikas 1116
2.5. Resumption of Ernst Leumann’s studies 1117
2.6. Studies on Digambaras 1117
3. Studies on the Philosophical Sanskrit Texts of the Jainas 1117
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOI10.4259/ibk.65.3_1115
ヒット数202
作成日2022.05.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
640377

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ