サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
『念仏鏡』の撰述背景――「誓願証教門」に見える善導観を中心に――=The Compilation of the Nianfo-jing: Focusing on Shandao’s Outlook within the Section Called “Proof of Vows to the Study of Buddhist Thought”
著者 加藤弘孝 (著)=かとうひろたか (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.66 n.1 (總號=n.143)
出版年月日2017.12.20
ページ30 - 35
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート知恩院浄土宗学研究所研究助手・博士(文学)
キーワード善導; 大行; 三階教; 代受苦; 真実語
抄録The Pure Land collection of writings known as the Nianfo-jing 念仏鏡 was compiled during the Mid-Tang dynasty 唐中期 by Daojing 道鏡 and Shandao 善道 to extol the virtues of their master, Daxing 大行 (the dates of birth and death of all three figures are unknown).

The Nianfo-jing reflects Daxing’s focus on his vows toward Buddhism and his self-sacrificing ethos. We can thus infer the compilers’ desire to superimpose the image of Daxing onto that of Shandao 善導 (613–681), the very model of piety as a teacher of Pure Land Buddhism.

This theory gains probability from a close examination of the section of the Nianfo-jing titled “The Proof of Vows to the Study of Buddhist Thought” (The Eighth Branch).

This paper will discuss the background to the compilation of the Nianfo-jing, combining various factors such as the ideology of Mid-Tang dynasty Pure Land teachers regarding bodhisattva vows and Shandao as a model of virtue.
目次はじめに 30
一 善導と大行 30
二 「誓願証教門」について 31
三 代受苦・真実語思想の展開 33
おわりに 34
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOI10.4259/ibk.66.1_30
ヒット数1
作成日2022.05.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
641302

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ