サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教當代社會價值論=Buddhist Social Value in Modern Times
著者 劉元春 ; 湛瀅
掲載誌 閩南佛學(第二輯)
出版年月日2003.12.01
ページ1 - 18
出版者岳麓書社
出版地長沙, 中國 [Changsha, China]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート劉元春,1963年生,上海社會科學院宗教所副研究員。
湛瀅,1960年生,廣東國恩寺《中國禪學系列叢書》副主編。
キーワード佛教; 當代; 社會價值
抄録佛教作為東方文化的精神內核之一,在東西方文化的互動中佔有優勢,而且對人類社會主體信仰結構的重建,以及推動世界真正的和平發展起到良好的作用。針對當代社會存在的自然、社會、精神諸多現實問題,佛教依正不二的理念、自利利他的品質、自淨其意的修法,有利於維護生態平衡,倡揚社會風尚,提升人格形象。佛教徒在信仰活動中,具有積極入世的膽略、超越現實的情操、自我批判的氣度,將是佛教發揮積極作用的關鍵。
目次一、前提:從文化全球化視野中看佛教 1
(一)佛教是東方文化的精神內核之一 2
(二)佛教在東西方文化互動中佔有優勢 3
(三)佛教對當代社會發展可以起到積極的作用 5
二、作用:從社會現實問題角度看佛教 6
(一)佛教依正不二的理念有利於維護生態平衡 6
(二)佛教自利利他的品質有利於倡揚社會風尚 8
(三)佛教自淨其意修法有利於提升人格形象 10
三、關鍵:從信仰自我完善立場看佛教 12
(一)要具有積極入世的膽略 12
(二)要具有超越現實的情操 14
(三)要具有自我批判的氣度 16
ヒット数68
作成日2022.07.13
更新日期2022.07.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
644665

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ