サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
永明延壽對“真唯識量”的分析=Analysis to the "True Idealist Syllogism" of Master Yanshou
著者 徐東來
掲載誌 閩南佛學:第二輯(2003)
出版年月日2003.12.01
ページ300 - 305
出版者岳麓書社
出版地長沙, 中國 [Changsha, China]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート徐東來,1965年6月生,哲學博士,上海大學哲學系副教授。
キーワード因明; 真唯識量; 延壽
抄録“真唯識量”是玄奘法師印度遊學“學滿將回”時為反對正量部而作的一個量式,其中包含有深刻的大乘唯識學思想和豐富的因明學理論。本文就永明延壽《宗鏡錄》中對“真唯識量”的解說進行分析,突出法相宗衰微之後,佛教各派對教下學理包括對因明理論的基本傳承。從中可以看出延壽對“真唯識量”的大膽論議,本來是為了弘揚佛教義學,走出“不立文字”的偏執,在客觀上卻對因明理論的闡揚起到了很好的促進作用。
ヒット数119
作成日2022.07.14
更新日期2024.06.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
644705

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ