サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
論“大乘是佛説”的基本理念=Some Thoughts on "Mahayana Is Taught by Buddha"
著者 釋淨旻
掲載誌 閩南佛學:第四輯(2005)
出版年月日2006.10
ページ115 - 124
出版者宗教文化出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード大乘經; 佛說; 非佛說; 結集
抄録19世紀以來,深受歐美學風浸潤的日本佛學界,開始著力於以文獻考據為能事,以剝離信仰為特點的所謂“現代佛教學術研究”,疑古之風盛行。期間,在北傳佛教占主導地位的大乘信仰及其命脈所系的大乘經受到質疑,逐漸在學術界形成了“大乘非佛說”的主流意識,並大有滲透教界、動搖中國佛教根本基石的危險。
本文通過對“佛說”的界定,對“大乘非佛說”論由來的回顧,對歷史上兩種思潮發展、碰撞的簡述,進而以雙方共許的《阿含經》、聲聞律以及部分大乘經論為依據,對持上述見解者的三條主要論點進行逐項辨正,強調公元1世紀以來大乘佛教的勃然興起乃“覆興”而非“新興”,闡明大乘顯密經教既源於佛陀本懷,又出之佛陀時代。
目次一、大乘佛說非佛說的抗衡 115
二、“大乘是佛說”的捍衛 117
三、“佛法”不離“佛說” 122
ヒット数95
作成日2022.07.27
更新日期2022.07.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
646255

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ