サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
法蔵撰『探玄記』における国土の成仏論=The Theory of Realisation of Buddhahood by the Land in Fazang’s Tanxuan ji
著者 櫻井唯 (著)=Sakurai, Yui (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.67 n.1 (總號=n.146)
出版年月日2018.12.20
ページ208 - 212
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード『探玄記』; 『文義綱目』; 国土身; 持業釈; 法性融通; 縁起相由
抄録Comparing fascicles 2 and 3 with fascicles 14 and 16 of his Tanxuan ji 探玄記, it becomes obvious that Fazang 法蔵 (643–712) advocated slightly different versions of the theory that the natural environment attains Buddhahood. A majority of previous studies has suggested the possibility that Fazang compiled this work over a long period of time, and that he himself might have added new passages throughout his lifetime. Consequently, it is impossible to determine the development of Fazang’s thought by simply following the order of fascicles. This paper tentatively takes up fascicles 1 and 2 of the Tanxuan ji and in comparison with Fazang’s earlier Wenyi gang mu 文義綱目 demonstrates that Fazang reedited the first fascicle of the Tanxuan ji, whereas the second fascicle remained untouched.
目次一 はじめに 208
二 『探玄記』に見える二種の国土成仏論 208
三 『探玄記』巻一・巻二と『文義綱目』の比較 210
四 結語 211
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.67.1_208
ヒット数28
作成日2022.08.10
更新日期2022.08.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
647083

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ