サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
戒環『楞厳経要解』の釈経特色について:長水子璿『首楞厳義疏注経』との比較を中心として=Commentarial Features of Jiehuan’s Lengyan-jing Yaojie: Comparison with Changshui Zixuan’s Shoulengyan Yishuzhujing
著者 大澤邦由 (著)=Osawa, Kuniyoshi (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.67 n.1 (總號=n.146)
出版年月日2018.12.20
ページ249 - 254
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード温陵戒環; 長水子璿; 『楞厳経要解』; 『首楞厳義疏注経』; 覚範慧洪; 李通玄
抄録Although Wenling Jiehuan’s (溫陵戒環, ?–1182 or 83 ) commentary Lengyan-jing Yaojie (楞嚴經要解) greatly influenced later generations, research on the commentary is scarce. Qian Qianyi (錢謙益, 1582–1664) mentioned that the commentary is closely related to Changshui Zixuan’s (長水子璿, 965–1038) Shoulengyan Yishuzhujing (首楞嚴義疏注經). To elucidate the Yaojie’s features and validate Qian Qianyi’s remarks, this paper investigated references to other Sūtras or documents, as well as other sources that Jiehuan might have referred to, focusing on the relationship between the Yaojie and the Yishuzhujing. The results shows that Qian Qianyi’s opinion has some validity.
目次一 はじめに 249
二 引用・言及箇所の検討 250
三 まとめ 253
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.67.1_249
ヒット数159
作成日2022.08.10
更新日期2022.08.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
647123

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ