サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《莊子》中的知覺現象及其在修證上的意義=Perceptions of Phenomena and Its Practical Meaning in the Chuangzi
著者 蔡振豐 (著)=Tsai Chen-feng (au.)
掲載誌 法鼓人文學報=Dharma Drum Journal of Humanities
巻号n.1
出版年月日2004.07
ページ39 - 59
出版者法鼓人文社會學院
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード莊子=Chuang Tsu; 心知=Xin Zhi; 渾沌=Hun Dun; 知覺現象=Perceptional phenomenon; 身體思維=Bodily thinking
抄録本文討論《莊子》文本中所出現有關於「知覺」的描述語,如「無情」、「哀樂不入」與「形如槁木,心如死灰」等。說明這些否定知覺的描述,除了與悟道的經驗有關外,也可能是身體實踐活動的開端。歸納《莊子》文本中有關知覺的描述,並加以理論化,其實踐的程序可做如下的說明:經由刻意減損知覺之外意向的訓練,可以使大腦中理性的知識運作暫時停止,而後產生一種不受知識系統干擾的全新知覺。完成此一實踐活動者,《莊子》稱之為得道之「眞人」。

This article discuss about descriptive terms related with “perceptions” in the Chuangzi, such as “Wu Qing” (Apathy), “Ai Le Bu Ru” (Sorrow and pain do not find their place) and “Xing Ru Gao Mu; Xin Ru Si Hui” (Body as dry wood; mind as dead ashes). By analyzing ways that these terms describe the negation of perceptions, aside from experiential aspects of moving toward enlightenment, one may argue that these terms could also be the beginning of physical practice. To sum up the discussion of perception-related descriptions in the Chuangzi and theorize them, the process of these practices could be explained as follows: First, with the practice of deliberately curtailing of externally-stimulated perceptions, we may temporarily halt the operation of rational knowledge. Then we may reach new level of perception without the interferences of knowledge systems. Adepts who have accomplished these practices are called “Zhen Ren” (pure men, or enlightened beings).
ヒット数1
作成日2022.08.12
更新日期2022.08.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
647261

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ