サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
語言與道:《老子》的語言策略與致虛工夫=Language and the Dao: Linguistic Strategies and Self-Cultivation in the Laozi
著者 蔡振豐 (著)=Tsai Chen-feng (au.)
掲載誌 法鼓人文學報=Dharma Drum Journal of Humanities
巻号n.2
出版年月日2005.12
ページ41 - 55
出版者法鼓人文社會學院
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード老子=Laozi; 王弼=Wang Bi; 語言=Language; 致虛極=Zhi xuji; 守靜篤=Shou jingdu; 明=Bright
抄録本文企圖論證《老子》書中的語言具有特別的使用策略,為《老子》的語言可以被皆析為「道的語言」及「日常溝通語言」二類。《老子》所以使用「道的語言」,其目的是為了矯正人們在長久使用「日常溝通語言」後,所形成的思考慣性及惰性。改變這種由語言運作所成的思考慣性及惰性,可以視為是老子「致虛極」「守靜篤」的修養工夫,因此《老子》中的語言使用就和他所談論的修養工夫,形成一個密不可分的結構。

This paper will attempt to show that there is a specific linguistic strategy employed in the Laozi and that the language used therein can be divided into two types: the “language of the dao” and the language of everyday communication. The “language of the dao” is used for the purpose of offsetting habitual patterns of thinking and intellectual laziness that arise over time from the usage of everyday language. As correcting these side-effects of everyday language use can be seen as a method of self-cultivation along the lines of the Laozi’s methods of “zhi xuji” (致虛極,) “shou jingdu” (守靜篤), use of language in the Laozi and the methods of self cultivation discussed therein form a closely knit structure.
ヒット数1
作成日2022.08.12
更新日期2022.08.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
647275

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ