サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
近代日蓮主義者の神道観:田中智学を中心に=A Nichirenist’s View of Shinto
著者 戸田教敞 (著)=Toda, Kyosho (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.67 n.2 (總號=n.147)
出版年月日2019.03.20
ページ681 - 684
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード田中智学; 日蓮主義; 神道
抄録Tanaka Chigaku 田中智学 (1861–1939) represented modern Nichirenism, and had an interesting point of view about Shinto 神道.

First, Tanaka understood Shinto from the perspective of Buddhism which focused on the Lotus Sūtra and Nichiren. Based on the theory of Honji-suijaku 本地垂迹説 (the idea that Buddha is Buddha itself, Kami 神 its incarnation), he explained a connection between Buddha and Kami and positioned Kami as the guardian of the Buddha Dharma.

Second, from the perspective of Nichirenism, he denied Shinto (such as Tenri-kyō 天理教, Taisha-kyō 大社教, etc.) as religion. Nichiren’s Mandara was considered to be the core in his religious theory and he was negative about worshipping particular Kami outside the Mandara.

Third, he agreed with the policy recommended by theMeiji government that “Shinto is Japanese culture and convention, not religion.” That caused his religious actions to be seen as Shinto-oriented despite maintaining his Buddhism-oriented view theoretically.
目次一 はじめに 681
二 智学の本尊観と雑乱勧請の禁止 681
三 智学の神道観 682
四 むすびに 684
ISSN00194344 (P)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.67.2_681
ヒット数1
作成日2022.08.15
更新日期2022.08.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
647479

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ