サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
義山『阿弥陀経随聞講録』所見の雲棲袾宏の引用をめぐって=Zhuhong’s Thought in Gizan’s Commentary of the Small Sukhāvatāvyūha-sūtra
著者 陳敏齡 (著)=Chen, Miin-ling (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.67 n.2 (總號=n.147)
出版年月日2019.03.20
ページ840 - 833
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード義山; 袾宏; 華厳浄土義; 阿弥陀経随聞講録
抄録There are two features of the quotations from Zhuhong 袾宏 in Gizan 義山’s commentary on the Small Sukhāvatīvyūha-sūtra (Amidakyō zuimon kōroku). The first is the adaptation of the concept of Buddhakāya in Huayan Buddhism, while the other is the rejection of the bodhisattva path. The former idea originated from the Chinzei Sect 鎮西派 and the latter was caused by different standpoints between the Sacred-way and the Pure-land-way. That is to say, Zhuhong’s idea emphasized the Chinese Buddhist “mindfulness of the Buddha” as bodhisattva practice, while Gizan emphasized “reciting the Buddha’s name” for ordinary beings.

In the development of the history of Pure-land Buddhism in Japan and China, although the dissimilar cultural backgrounds led to divergences, the process of interchange displayed the perfect harmony of Pure-land Buddhism in the context of the Mahāyāna tradition. “Praising Buddha” was not only the basis of Pure-land teaching, but also the nucleus of Mahāyāna Buddhism.
目次前言: 日本江戸時代の阿弥陀経末疏 840
1.義山『阿弥陀経随聞講録』における袾宏引用の考察視点 840
2.『小経随聞講録』の袾宏引用――袾宏「華厳浄土義」を中心に―― 839
3.義山の袾宏「華厳浄土義」に対する受容態度 834
結語: 大乗としての浄土への再思 833
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.67.2_840
ヒット数1
作成日2022.08.15
更新日期2022.08.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
647524

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ