サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
近代女性居士與華嚴一宗之發展──以羅迦陵、何張蓮覺及孫張清揚為例
著者 邵佳德
掲載誌 2015年國際青年華嚴學者論壇論文集
出版年月日2015
ページR1 - R20
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者為香港中文大學文化及宗教研究系博士候選人
キーワード華嚴; 女性; 羅迦陵; 張蓮覺; 張清揚
抄録晚清民國以來的哈同夫人羅迦陵、何東夫人張蓮覺、孫立人夫人張清揚分別在上海、香港、台灣等漢傳佛教區域大力護持、弘傳佛法,她們與華嚴僧人的交往為近代華嚴宗的發展提供了經濟資助,間接推動了華嚴思想的研究和在信眾間的普及。同時,華嚴僧人也提出或強調了女性學佛、護法的重要性。民國女性居士與僧人間的良性互動促進了華嚴專宗的傳承和女性學佛的氛圍。三位具有代表性的女性護法的實踐對拓展近代居士佛教研究以及佛教與性別關係研究的範圍來說,均是極有意義的案例。
目次摘要 R-1
一、引言 R-2
二、哈同夫人羅迦陵與華嚴大學之創設 R-3
三、何東夫人張蓮覺與 何東夫人張蓮覺與 何東夫人張蓮覺與香港華嚴之弘傳 R-6
四、孫立人夫人張清揚與兩岸華嚴之復興 R-8
結語:女性居士與華嚴宗法 R-12
附錄 R-14
參考書目 R-17
ヒット数366
作成日2022.09.21
更新日期2023.07.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
649405

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ