サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
智儼における華厳一乗の仏土論=Zhiyan’s Interpretation of the Buddha Land in the Context of the One-Vehicle Teaching of Huayan
著者 櫻井唯 (著)=Sakurai, Yui (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.68 n.2 (總號=n.150)
出版年月日2020.03.20
ページ772 - 777
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード『捜玄記』; 『孔目章』; 世界海; 国土海; 十種世界
抄録This paper explores Zhiyan’s 智儼 (602–668) interpretation of the Buddha Lands and his influence on one of his successors, Fazang 法蔵 (643–712). Zhiyan advocated two accounts of the Buddha Lands on the basis of the Gaṇḍavyūha-sūtra. These two accounts, citing the same passage, are mentioned in his earlier Souxuan ji 捜玄記 and later Kongmu zhang 孔目章. In the former composition, he employed the passage to explain inner awareness of the Buddha Lands, while in the latter work, he referred to the sentence in order to define outer awareness of the Buddha Lands. Although these two accounts are supposed to be integrated by Zhiyan, there remained some inconsistency between the two; it was Fazang who identified this disagreement and produced a new Huayan doctrine.
目次一 はじめに 772
二 智儼の著作間における仏土論の変化 773
三 法蔵における受容 775
四 結び 776
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.68.2_772
ヒット数34
作成日2022.09.27
更新日期2022.09.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
650004

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ