サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
弘福寺霊潤と西明寺道宣=Hongfusi Lingrun 弘福寺霊潤 and Ximingsi Daoxuan 西明寺道宣
著者 倉本尚徳 (著)=Kuramoto, Shotoku (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.68 n.2 (總號=n.150)
出版年月日2020.03.20
ページ815 - 821
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード玄奘; 則天武后; 仏性; 長安; 『続高僧伝』
抄録Based on the favorable assessment found in the Xu gaoseng zhuan’s 続高僧伝 biography of Xuanzang and other evidence, it has been said that Daoxuan (道宣, 596–667) and Xuanzang had a good relationship. However, in the Datang neidian lu 大唐内典録, written by Daoxuan in his later years, Daoxuan does not speak highly of Xuanzang’s doctrinal studies. Here, Hongfusi Lingrun 弘福寺霊潤 is a key figure. Lingrun was the first person to argue against Xuanzang’s new sūtra and Abhidharma translations. Lingrun’s biography is found in the fifteenth volume of the Xu gaoseng zhuan. Therein, Daoxuan praises Lingrun three times. Furthermore, unusually for the Xu gaoseng zhuan, he introduces and offers high praise for Lingrun’s doctrinal thought, stating that he “correctly understands the Mahāyāna Nirvāṇa-sūtra.” Moreover, Lingrun was involved in the selection of the leadership of the Ximingsi (built in 658, Xianqing 顕慶 3), and Daoxuan was chosen as its head. From this we can see that Daoxuan supported Lingrun in the debates between the latter and Xuanzang’s disciples.
目次一 はじめに 815
二 玄奘に対する道宣の評価 816
三 霊潤に対する道宣の評価 818
四 おわりに 820
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.68.2_815
ヒット数112
作成日2022.09.27
更新日期2022.09.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
650017

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ