サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國漢地佛典翻譯史話
著者 顧偉康 (著) ; 陳劍鍠 (主編)
出版年月日2022
ページ568
出版者香港中文大學人間佛教研究中心
出版地香港, 中國 [Hong Kong, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
目次第一章
漢譯之祖——《四十二章經》

第二章
沒有文本的早期佛經翻譯

第三章
胡漢合璧的翻譯「合作社」

第四章
此是而彼非、今是而昨非——同經異譯

第五章
品流紛雜,「合本」得髓

第六章
早期翻譯佛經所需時間多少?

第七章
最早的兼通胡漢的本土翻譯家

第八章
「西天」取經的先驅

第九章
譯經冠軍竺法護

第十章
史記載的第一個翻譯官——趙整

第十一章
道安的「五失本,三不易」和「文質之爭」

第十二章
彥琮之「八備」

第十三章
玄奘譯經速度考

第十四章
「天后時代」之佛經翻譯

第十五章
贊寧之翻譯觀

第十六章
「如來藏說」的傳入

第十七章
到底有幾個「流支」?

第十八章
《金剛經》之翻譯

第十九章
幾座名留青史的譯經場所

後記
徵引文獻
ISBN9887413682
ヒット数193
作成日2022.10.07
更新日期2022.10.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
650811

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ