サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
On the Practice of Buddhist Meditation According to the Pali Nikāyas and Exegetical Sources
著者 Gethin, R. (著)
掲載誌 Buddhismus in Geschichte und Gegenwart
巻号v.9
出版年月日2004.11
ページ199 - 221
出版者Das Numata Zentrum für Buddhismuskunde der Universität Hamburg
出版サイト https://www.uni-hamburg.de/
出版地Hamburg, Germany [漢堡, 德國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
目次PARTI: THE NIKAYAS
The problem of the term 'meditation'
The samannaphala schema
The method of establishing mindfulness
Watching the breath
Overcoming distracting thoughts
Further objects of meditation
PART 2: THE EXEGETICAL SOURCES
The ascetic practices
The teacher as 'good friend'
Meditation practices and the theory of temperaments
Levels and varieties of concentration
Developing insight: ordinary and transcendent jhana

The thirty-eight meditation practices {kammafthanä)
Abbreviations
Bibliography
ヒット数129
作成日2022.10.21
更新日期2022.11.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
652423

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ