サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
草木成仏の思想:安然と日本人の自然観
著者 末木文美士 (著)
出版年月日2015.03
ページ261
出版者サンガ
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
シリーズ勘定草木成仏私記
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート文献あり
抄録日本古来の自然観を代表するかのように扱われる「山川草木悉皆成仏」。だが仏教史上そのような言葉は存在しなかった。「草木成仏論」に向き合った、平安時代の仏教思想家・安然の著作を読み直し、日本人の自然観の本質に迫る。

「草木などの植物も仏になる」という草木成仏論は、いつ、どのように生まれてきた思想なのか?―それは単なる「自然の賛美」でもなければ、「日本古来の自然観」でもない。平安時代に注目され、議論されてきたその思想を根拠から問い直し、自然との向き合い方を再考する。
目次第1章 「山川草木」と「草木国土」
第2章 草木は自ら発心・成仏するか―安然『斟定草木成仏私記』の世界
第3章 草木成仏説の基礎付け―安然の密教思想と草木成仏
第4章 日本人の自然観と草木成仏
第5章 自然と災害を考える
付 現代語訳『斟定草木成仏私記』
ISBN9784865640090; 4865640090
ヒット数262
作成日2022.11.01
更新日期2022.11.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
654103

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ